「Moto G5」、FCCの認証を通過 ― Moto G5 Plusのスペックもリーク

MotoG3.comは27日(現地時間)、モトローラの新型ミッドレンジスマートフォン「Moto G5」が、FCCの認証を正式に通過したことを伝えています。

FCCのデータベースに登録されていた資料によると、Moto G5には、TVチューナーの働きをする「デジタルTV用ドングル」が同梱されており、Androidスマートフォンに直接接続して使用することが可能になるとのことです。

また今回、同時に発表される見通しの姉妹モデル「Moto G5 Plus(XT1685)」のスペックに関する情報もリークされました。

Moto G5 Plusは、5.5インチフルHD(1920×1080)ディスプレイと米クアルコムのミッドレンジSoC「Snapdragon 625」、4GBのRAMと32GBのストレージを搭載し、メインおよびフロントカメラには、それぞれ1300万画素と500万画素のイメージセンサーが採用されている模様です。

そのほか、バッテリー容量は3100mAhとなり、モトローラ独自の急速充電機能「Turbo Charging」も実装していることが伝えられています。

なお、Moto G5およびMoto G5 Plusは、ともに来月下旬にバルセロナにて開幕を迎えるMWC 2017にて発表される見通しです。

[FCC via MotoG3.com via Phone Arena]

ソーシャルシェア

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年2月1日 19:57 No.32248 返信

    いくらくらいするんだろ

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます