NVIDIA、新型Androidセットトップボックス「SHIELD TV」を発表 ―4KとGoogle Assistantに対応

米NVIDIAは4日(現地時間)、Android OSを搭載する新型セットトップボックス「SHIELD TV」を発表しました。

OSには「Android 7.0 Nougat」を採用

SHIELD TVは、2015年前半に発売された「NVIDIA SHIELD」と同様にAndroid OSベースのセットトップボックスとなりますが、両者の間にデザイン自体に関する変更はほとんど確認できません。

一方で、先代モデル比で筐体は40%ほど小型化されており、専用ゲームパッドのデザインも様変わりすることとなりました。また、スペックについても引き続き「Tegra X1」や3GBのRAMが採用されるなど、先代モデルとほとんど同一仕様となっています。

しかしながら、新たに4K(3840×2160)解像度のコンテンツ再生が可能となったほか、4K HDR出力にも対応。米グーグル最新のバーチャルアシスタントシステム「Google Assistant」も実装されました。

なお、前述したように、SHIELD TV本体よりも専用ゲームパッドにもたらされた変更や進化の方が大きく、新たに音声操作用のマイクが搭載されたことにより、一切手を使うことなくGoogle Assistantを介して各種操作の実行を行えるようになったされています。

しかしながら、現時点ではGoogle AssistantがSHIELD TV自体に対応しておらず、今後実施されるソフトウェアアップデートにより上述の機能が利用可能になるとのこと。

また、NVIDIAは今回、「SHIELD SPOT」と呼ばれるスマートホーム機能の “核” あるいは “ハブ” となり得る小型デバイスも発表。多種多様なスマート家電とSHIELD SPOTを無線接続することにより、音声の届く範囲であれば家の中のどこにいてもSHIELD SPOTを介して各種家電の操作が可能になる模様です。

16GBのストレージを搭載するSHIELD TVは199.99ドル(約2万3000円)、500GBのストレージを内蔵する点以外は同一仕様の「SHIELD Pro」が299.99ドル(約3万5000円)にて、米国時間1月16日より販売が開始されます。

[NVIDIA via Android Police]

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年1月7日 00:07 No.29586 返信

    NVIDIA最近攻めまくってるな。

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます