ETNewsは15日(現地時間)、韓国サムスンの次世代フラッグシップスマートフォン「Galaxy S8」には、AF(オートフォーカス)機能を備えた800万画素フロントカメラが搭載される見込みと伝えています。

ETNewsによると、Galaxy S8に実装されるフロントカメラモジュールには、新たにAFアクチュエータ(駆動装置)が追加されており、その方式も従来的なVCM(ボイスコイルモータ)ではなくエンコーダ方式が採用されているほか、画素数についても500万画素から800万画素へと向上しているとのことです。

また、これまでGalaxy S8にはデュアルカメラが搭載される見込みとも噂されていましたが、ETNewsは今回、開発過程においてGalaxy S8への採用は見送られた模様と伝えています。

なお、Galaxy S8は、2017年3月中に量産が本格的に開始され(過去記事)、翌4月には米ニューヨークにて発表される見通し。

4月18日に発売されるとの情報もリークされている一方で(過去記事)、早ければ2月下旬または3月初旬に限定的に情報が公開されるとも噂されていますが(過去記事)、少なくとも発売が4月中になることについては間違いなさそうです。。

[ETNews via Phone Arena]