「Nokia P1」のスペックがリーク ―Aquos Xx3ベースのフラッグシップモデルに?

Worketは17日(現地時間)、ノキアの新型フラッグシップスマートフォンのスペックについて、独占情報を入手したと伝えています。

画像は「Aquos Xx3」のもの

Worketによると、新型フラッグシップモデルの名称は「Nokia P1」となり、既に国内ではソフトバンクより発売されている「Aquos Xx3」をベースにした端末として発表されるとのことです。

以下は、今回リークされたNokia P1の主なスペック。

OS Android 7.0 Nougat
ディスプレイ 5.3インチ IGZOディスプレイ(リフレッシュレート:120Hz)
液晶保護 Corning Gorilla Glass 5
SoC Qualcomm 64-bit オクタコア Snapdragon 835
RAM 6GB
ストレージ 128 / 256GB
メインカメラ 約2,260万画素
バッテリー 3,500mAh
その他 指紋認証機能(※超音波式)
急速充電機能
防塵防水機能(IP55 / IP57 相当)

ディスプレイの解像度については明らかにされませんでしたが、Aquos Xx3をベースに開発されているとするならば、おそらくはフルHD(1920×1080)であると推定されます。

また、メインカメラに搭載されるイメージセンサーもAquos Xx3と同一のようですが、光学レンズには独カール・ツァイス製のものが採用されているそうです。

そのほか、Nokia P1には、セラミック素材製の筐体と256GBのストレージを備える上位モデルと、金属素材およびガラス素材製の筐体と128GBのストレージを備える下位モデルの2機種が用意されている模様。

なお、Nokia P1は、来月下旬より開催されるMWC 2017において発表され、下位モデルは800ドル(約9万2000円)、上位モデルは950ドル(約10万9000円)程度で販売される見込みとのことです。

先日発表されたノキアの新型ミッドレンジスマートフォン「Nokia 6」

仮に、ノキアの新型フラッグシップスマートフォンが既存製品の焼き直しとして登場するならば、何とも面白味に欠ける残念な展開と言えますが、昨年7月にも、Nokia P1がAquos Xx3の台湾市場向けモデルである「Aquos P1」のリブランド品として発表される可能性が報じられています(過去記事)。

しかしながら一方で、ノキアの消息筋として名高いNPUは、即座にその情報を「ガセネタである」として否定(過去記事)。

ノキアは実際には2機種の新型フラッグシップモデルを開発しており、ともに高級感のある金属的な質感と “ノキアらしいデザイン” を兼ね備えた筐体に仕上げられているほか、それぞれ5.2または5.5インチのAMOLEDディスプレイを搭載する見込みと伝えています。

また、カメラについては、グラフェンを採用した新型イメージセンサーが採用される見込みとされていますが、長年に渡るグラフェン研究の成果により、史上最高の高感度性能が実現されているとのこと。

食い違う情報の真偽は定かではなく、いちノキアファンとしては、NPUが伝える情報の方が事実であって欲しいと願うばかりですが、どちらの情報がより真実に肉薄していたかは、近日中にも判明することとなりそうです。

[VK via Phone Arena]

ソーシャルシェア

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年1月22日 19:06 No.30764 返信

    Nokiaらしいデザインじゃなくなってる・・!

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます