サムスン、「Galaxy Note7」の発火・爆発事故の最終調査報告を発表

韓国サムスンは23日(現地時間)、「Galaxy Note7」のバッテリーが自動的に発火および爆発する事故の原因について、最終的な調査結果を発表しました。

調査報告によると、Galaxy Note7の発火および爆発事故の原因は、端末およびソフトウェア自体には何の問題もなく、完全にバッテリーに起因するものであったとのことです。

また、Galaxy Note7に採用されているバッテリーには、サムスン製と香港Amperex Technology製の2種類が混在していますが、どちらも製造過程においてバッテリー回路の一部が歪んでしまっていたり、電気回路の短絡(ショート)を防ぐための絶縁体テープやセパレータの配置がズレてしまったりしていたことが、今回の事故の主な原因であると判明したことを明らかにしました。

さらに、同社は調査報告の結果を受けて、新たにソフトウェア、端末およびバッテリー本体のそれぞれを複合的に絡めた “Multi-layer Safety Measure(多層的な安全対策)” に加え、8つの検査およびテスト方式から成る “8-Point Battery Safety Check(8重バッテリー安全確認)” を、製造過程に取り入れることを発表。外部機関と連携したバッテリー安全確認機関を新たに立ち上げることも明らかにしました。

なお、既に「Galaxy Note7」の後継機種を投入する予定であることも明らかにされていますが、サムスンもこれまで以上にバッテリーの安全性には神経質になるはずであり、二度と同様の “悲劇” が起こらないことに期待したいところです。

[サムスン[1][2]]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます