サムスン、世界初の「Tizen 3.0」搭載スマートフォンを近日中に発表か

SamMobileは24日(現地時間)、韓国サムスンが、世界初の「Tizen 3.0」搭載スマートフォンの投入を計画していることを伝えています。

SamMobileによると、その端末には「SM-Z250F」という型番が与えられており、「Pride」という開発コードネームで呼ばれているとのことです。

また、既に同社は、インドやバングラデシュなどの一部市場においてTizen OSを搭載するスマートフォンを発売していますが、SM-Z250Fについても、同じ地域に投入される見込みとされています。

なお、同端末の開発は開始されたばかりであると見られており、正式に発表されるのもまだしばらく先のこととなる模様。

Tizen OSに限った話ではなく、いわゆる “第3のOS” と呼ばれる存在はどれもシェアの拡大に苦戦している状況にありますが、はたしてAndroid OSとiOSによる支配構造にくさびが打ち込まれる日は訪れるのでしょうか。

[SamMobile]

ソーシャルシェア

2 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年1月26日 15:34 No.31577 返信

    結局ドコモの技術やノウハウだけ盗まれただけか
    これだからあの国は信用できないな

    • No Name 2017年2月2日 20:35 No.32338 返信

      日本企業が束になっても韓国企業に歯が立たないのが悔しいからって
      ありもしないウソをついてんじゃねえよ。
      これだからお前の国はウソ吐き国家と言われんだろが。

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます