Galaxy S8、カメラモジュールの「出っ張り」は消失か

AndroidPureは21日(現地時間)、韓国サムスンの次世代フラッグシップスマートフォン「Galaxy S8」の背面部は、完全なる平面構造になる見込みと伝えています。

「Galaxy S6」においては1.7mm、「Galaxy S7」では0.8mmと、世代を重ねる毎に着実に削られてきたメインカメラモジュールの “出っ張り” ですが、ついに「Galaxy S8」においてその出っ張りは消失し、背面部は完全なる平面に仕上げられる模様です。

また、事実関係については不明ではあるものの、Galaxy Sシリーズに限らず、メインカメラモジュールの出っ張りについてはしばしばスマートフォンにおけるデザイン面での批判対象となってきただけに、サムスンが問題の早期解決に尽力したとしてもあまり驚きはありません。

そのほか、直近の情報によると、Galaxy S8の外形寸法は「140.14(W) × 72.20(D) × 7.30(H) mm」になるとのこと(過去記事)。ディスプレイサイズは5.7インチ前後になる模様です。

なお、不満の対象でもあった出っ張りは、カメラレンズを保護する防壁のような役割も果たしているという事実もあり、手放しにその消失を喜んで良いものかどうかは、意見が分かれるところであると思われます。

個人的にサムスンには、見た目を気にしてカメラの出っ張りを削る方向に注力するよりも、デザイン性を犠牲にしてでもカメラ性能を追求する方向に舵を切って頂きたいところです。

[AndroidPure via Phone Arena]

ソーシャルシェア

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年1月23日 21:22 No.30839 返信

    カメラの出っ張りなしは私は賛成です。
    Galaxyの背面カメラは背面中央だからどうしても目立つんですね。
    この傾向は他のメーカーにも波及して欲しい。
    特にiPhoneのカメラの出っ張りはなんとか無くして欲しいのです。

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます