ノキアの未発表スマートフォン、中国にて認証を正式に通過

NPUは先月29日(現地時間)、ノキアの未発表スマートフォンが、中国国内において当局の認証を通過していたことを伝えています。

当局によって新たに公開された資料には、既存のLumiaシリーズの中に紛れるようにして並ぶ「TA-1000」という型番の未発表端末の存在が確認されたほか、このTA-1000が、HMD Globalによって製造されることが明記されていました。

HMD Globalはノキアと同じフィンランドに本拠を構える企業であり、ノキアがスマートフォン市場に再参入を果たすにあたり端末の製造を担当することが既に明らかにされています。

また、残念ながら今回、TA-1000のスペックなどに関する詳細を資料から読み解くことはできませんでしたが、少なくともTD-LTE通信に対応する端末であることは判明しました。

なお、来月下旬に開幕を迎えるMWC 2017において、「Nokia D1C(Nokia D1?)」と呼ばれる新型ミッドレンジスマートフォンが発表される見込みであり(過去記事)、あるいはこのTA-1000がNokia D1Cなのかもしれません。続報に要注目です。

[NPU]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます