「Huawei P10 Lite」と見られる端末のスペックが判明か ―Geekbenchベンチマーク

WinFuture.deの編集者もあるローランド・クヴァント氏は先月31日(現地時間)、中国ファーウェイの未発表スマートフォン「Huawei P10 Lite」と見られる端末のスペック情報が、Geekbenchベンチマークのデータベース上に発見されたことを伝えています。

新たに発見された端末の型番は「HUAWEI WAS-LX1A」とされており、この端末がファーウェイによって開発されていることを明示しています。

また、OSには「Android 7.0 Nougat」を採用しており、4GBのRAMを搭載している模様。マザーボードの項目に記載されている型番から、搭載されているオクタコアSoCは「Kirin655」であると推察されます。

なお、既に先日、Huawei P10 Liteと見られる端末がTENAAの認証を通過していますが、その資料内に記載されていた型番およびスペックは、今回発見されたデータ内に確認されたものとは異なっていました。

正体不詳の2機種のどちらが “本物” であるかは不明ですが、あるいはどちらかについては「Honor」ブランドの未発表製品である可能性が高そうです。

[Geekbench via Twitter via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます