TechCrunchは23日(現地時間)、先月リリースされた「iOS 10.2.1」において、「iPhone 6」および「iPhone 6s」シリーズに発生している “強制終了バグ” の解決が図られていたことを伝えています。

今回新たに米アップルがTechCrunchに送付したメールによると、iOS 10.2.1にアップデートしたユーザーから統計を取ったところ、同OSへのアップデートにより、強制終了バグの発生率が iPhone 6シリーズでは70%以上、iPhone 6sシリーズにおいては80%以上も減少したとの結果が得られたとのことです。

また、このアップデートによって、仮に強制終了してしまった場合においても、“充電することなく” 端末を再起動させることも可能になったとされています。

なお、端末が不意に強制終了してしまう主な原因は、バッテリーおよび電力管理機能にあるとされており、新型バッテリーに換装することによって完全な解決が図れる模様。

あるいは今後、OSアップデートを通じて電力管理のアルゴリズムがさらに改善されれば、バッテリーを交換する必要もなくなるかもしれません。アップルの継続的な努力に

[TechCrunch via AppleInsider]