「Apple Watch」シリーズ、2016年の市場シェアのほぼ半分を独占

9to5Macは7日(現地時間)、シンガポールの調査会社Canalysによって、「Apple Watch」の販売成績に関する最新報告が発表されたことを伝えています。

Canalysが公開した最新の報告によると、米アップルは、2016年第4四半期において、前年同期比で12%増となる600万台のApple Watchシリーズを出荷し、収益については、同期の市場全体のおよそ80%に相当する26億ドル(約2900億円)を計上したとのことです。

また、通年で見た場合、2016年内に1190万台のApple Watchシリーズを出荷した同社は、49%もの市場シェアを獲得し、2位以下を圧倒的な大差で引き離し首位に立ったとされています。

なお、昨年、マイナーチェンジモデルとも言える「Apple Watch Series 2」が発売されましたが、2017年内の登場が噂されている後継シリーズについても、マイナーチェンジモデルとなる模様。

Apple Watchの快進撃がどこまで続くことになるかは分かりませんが、昨日発表された「Android Wear 2.0」の登場により、勢力図は塗り替えられることとなるのでしょうか。両陣営の手腕が大きく問われます。

[Canalys via 9to5Mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます