韓国政府、国内スマホメーカーに対する「爆発・発火事故」報告の義務強化へ

The Investorは3日(現地時間)、韓国国内のスマートフォンメーカーに対して、自社製品に事故が発生した際に同国政府に報告する義務の強化を予定していることが、政府情報筋を通じて明らかにされたことを報じています。

現在、韓国国内においては、爆発および発火事故のようなスマートフォンに起因する重大な事故が発生した際に、政府に報告を行うまでの明確な期限などは設定されていない状態にあります。

まだ記憶に新しい「Galaxy Note7」の爆発事故の際にも、韓国サムスンから政府に最初の報告が届けられるまでに10日を要したとされていますが、新たな法令では、報告義務などの安全規制について細かく規定が設けられることになるとのこと。また、1年以内の施行が予定されている模様です。

なお、サムスンは先日、独自に実施したGalaxy Note7の事故調査の最終報告書を発表しましたが(過去記事)、韓国政府も独自に実施した事故調査の報告書を、現地時間6日に公開する見通しとされています。

[The Investor via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます