「Snapdragon 835」のベンチマークスコア、Geekbench上に登場

Phone Arenaは7日(現地時間)、「Snapdragon 835」のベンチマークスコアが、新たにGeekbenchベンチマークのデータベース上に確認されたことを伝えています。

新たに発見されたデータには、この端末が米クアルコム製のSoC「MSM8998(Snapdragon 835)」に加え、「Android 7.1.1 Nougat」と4GBのRAMを搭載していることが明記されています。

また、データによると、シングルおよびマルチコア性能テストのそれぞれにおいて、2004点6233点を記録したとのこと。

なお、同テストにおいて、「Snapdragon 820」はそれぞれ1600点前後と4000点前後を得点しています。

しかしながら、測定時の動作周波数がSnapdragon 835よりも300MHzも低いことを踏まえると、少なくともシングルコア性能については、あまり大きな性能向上は期待しない方が良さそうです。

一方で、今回の計測に使用されたSnapdragon 835は調整が不十分な試作品であり、製品版はさらに高いスコアを叩き出す可能性も十分に考えられます。

いずれにせよ、堅実な性能向上と有意な省電力化の両立こそがSnapdragon 835の真骨頂であり、その意味において、上述のスコアは非常に現実味の感じられる数字であると言えそうです。

[Geekbench via Phone Arena]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます