Galaxy S8、カメラの出っ張りは「ほぼ」消滅へ ―CADデータがリーク

世界有数の実績を誇る情報筋のスティーブ・ヘミストーファー氏は7日(現地時間)、「Galaxy S8」のCADデータを新たに入手したことを伝えています。

「Galaxy S8」の出っ張りは、わずか0.2mmに

同氏が新たに入手したCADデータによると、Galaxy S8におけるメインカメラモジュールの “出っ張り” は、「Galaxy Note7」比で4分の1、「Galaxy S7」比では5分の1の高さにまで削られているとのことです。

さらに、端末自体の厚みは、Galaxy S7およびGalaxy Note7よりも0.1mm増の8.0mmとなる模様。また、図面を見る限りでは、正面部には虹彩認証センサーらしき姿も確認することができます。

構造上の是非はさておいて、出っ張ったデザインのメインカメラに対する否定的な風潮は未だ根強く存在しているだけに、多くの人々が韓国サムスンの決断を支持することとなりそうです。

[Twitter]

ソーシャルシェア

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年2月9日 19:36 No.33213 返信

    焦点距離は物理的に必要だから出っ張ってもしゃあないと思うわ
    Galaxyはカメラ性能が売りの機種だし
    薄くして画質低下は避けて欲しい

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます