「Xperia XZs / XZ Premium 」、DRAM積層型イメージセンサー採用へ

Xperia Blogは22日(現地時間)、2017年に発売される一部の新型Xperiaシリーズには、DRAM積層型のイメージセンサーが採用される見込みと伝えています。

今回新たに、ソニー内部で使用されたと見られるスライド資料がリークされました。

資料は、“World’s First Memory Embedded Camera(世界初のメモリ積層型カメラ)” となる新型カメラ技術に関するものであり、どうやらその名称は「Motion Eye」となる模様。

また、画像をリークした人物によると、Motion Eyeカメラは、「Xperia XZs」および「Xperia XZ Premium」と呼ばれる2機種の新型スマートフォンに採用される見通しとのことです。

先日発表されたDRAM積層型イメージセンサーの構造

なお、DRAMを積層したスマートフォン向けイメージセンサーは、既に先日、ソニーによって発表されています(過去記事)。以下は、その主な仕様。

有効画素数 約2,120万画素(5520×3840)
センサーサイズ 1 / 2.3インチ
画素ピッチ 1.22μm



フレームレート
静止画 4:3  約1,930万画素
16:9  約1,710万画素
動画 60fps  4K(3840×2160)
240fps  フルHD(1920×1080)
             HD(1280×720)
読み出し速度 8.478msec(4:3 1930万画素)
6.962msec(16:9 1710万画素)
電源電圧 2.5V / 1.8V / 1.1V
画像フォーマット RAW(ベイヤー配列)
出力 MIPI(CSI2)D-PHY 2.2Gbps/lane
C-PHY 2.0Gsps/lane
DRAM容量 1Gbit

以前にリークされた情報では、「Sony Yoshino」または「Sony BlancBright」と呼ばれる新型Xperiaには、「IMX400」という新型イメージセンサーが採用される見込みとされていました(過去記事)。

今回の情報と併せてすべて事実であったとするならば、前者はXperia XZ Premium、後者はXperia XZsとしてそれぞれ発表され、IMX400の “正体” は、DRAM積層型の最新イメージセンサーということになります。

なお、ソニーは今月27日にプレスカンファレンスの開催を予定しており、複数の新型スマートフォンを発表する見通し(過去記事)。続報に要注目です。

[Xperia Blog]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます