ソニー、「Galaxy S8」シリーズにバッテリーを供給か

The Wall Street Journalは17日(現地時間)、韓国サムスンの次世代フラッグシップスマートフォン「Galaxy S8」シリーズには、ソニー製のリチウムイオンバッテリーが採用される見込みと報じています。

先日、サムスンと村田製作所との間において、Galaxy S8シリーズ向けのバッテリー供給に関する協議が重ねられていることが報じられましたが(過去記事)、今回新たに、同シリーズ向けバッテリーの供給パートナーとして、ソニーの名前が挙がることとなりました。

また、昨年10月、ソニーは村田製作所に対して電池事業の売却を発表しましたが、数日前には、売却が完了する時期が、当初の計画から3ヶ月遅れとなる2017年7月上旬へとずれ込む見通しであることが報じられています。

そして今回、The Wall Street Journalが報じたところによると、売却完了の時期がずれ込んだことを受けて、ソニーもサムスンに対してリチウムイオンバッテリーを供給することになったとのことです。

なお、詳細な計画については判明していませんが、仮にこれまでの情報がすべて事実であったとするならば、おそらくは売却が完了したのち、供給パートナーの座は村田製作所へと引き渡されることとなりそうです。

[The Wall Street Journal via Phone Arena]

ソーシャルシェア

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年2月20日 22:09 No.34392 返信

    ソニーに頼らざる終えないほど、誰もサプライしてくれないのか

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます