「Xperia XZ Premium / Xperia XZs」、発表 ―圧倒的なカメラ性能を実現

ソニーは27日(現地時間)、最新フラッグシップスマートフォン「Xperia XZ Premium」および「Xperia XZs」を発表しました。

両機種は、ともに昨秋に発表された「Xperia XZ」の後継または派生モデルであり、先日発表されたばかりである “世界初のDRAM積層型CMOSイメージセンサー”(過去記事)を搭載している点を最大の特徴としています。

新たに開発された新型カメラ「Motion Eye」カメラの名は、かつて「VAIO」ブランドのPCにおいて内蔵Webカメラにも採用されていたものであり、新たにスマートフォン向けの高性能カメラとして生まれ変わる形となりました。

以下は、両機種の主なスペックと特徴。

Xperia XZ Premium

OS Android 7.1 Nougat
ディスプレイ 5.5インチ 4K(3840×2160)液晶ディスプレイ
液晶保護 Corning Gorilla Glass 5(※背面にも搭載)
SoC Qualcomm 64-bit オクタコア Snapdragon 835
RAM 4GB
ストレージ 64GB UFS
メインカメラ 約1,900万画素 Motion Eyeカメラ
フロントカメラ 約1,300万画素
ネットワーク 2G / 3G / 4G LTE(Cat.16)
ワイヤレス Bluetooth 5.0
Wi-Fi Miracast
NFC
バッテリー 3,230mAh


その他
microSDカードスロット(最大256GB)
USB Type-Cポート
デュアルSIM機能(※一部モデルのみ)
指紋認証機能
急速充電機能(Quick Charge 3.0)
防塵防水機能(IP65/IP68 相当)
カラーバリエーション ルミナスクローム
ディープシーブラック
外形寸法 156(W) × 77(D) × 7.9(H) mm
本体重量 195g

Xperia XZ Premiumは、「Xperia Z5 Premium」以来では初となる4K(3840×2160)解像度の液晶ディスプレイを採用し、sRGB比138%という広色域を実現しています。

さらには、同端末は「4K HDR」規格に世界で初めて対応しており、様々なコンテンツを非常に豊かな色表現と精細な解像感をもって表示できるとのこと。

また、SoCには「Snapdragon 835」を搭載しており、発売時点において世界最高峰の処理性能を誇る端末となることが約束された形となります。

そして、新たに「LTE Cat.16」規格に準拠し、下り方向において最大1Gbps(=125MB/s)の高速通信を可能にしました。

Xperia XZs

OS Android N(※詳細非公開)
ディスプレイ 5.2インチ フルHD(1920×1080)液晶ディスプレイ
液晶保護 Corning Gorilla Glass(※詳細非公開)
SoC Qualcomm 64-bit クアッド Snapdragon 820
RAM 4GB
ストレージ 32GB eMMC
メインカメラ 約1,900万画素 Motion Eyeカメラ
フロントカメラ 約1,300万画素
ネットワーク 2G / 3G / 4G LTE(Cat.11)
ワイヤレス Bluetooth 4.2
Wi-Fi Miracast
NFC
バッテリー 2,900mAh


その他
microSDカードスロット(最大256GB)
USB Type-Cポート
デュアルSIM機能(※一部モデルのみ)
指紋認証機能
急速充電機能(Quick Charge 3.0)
防塵防水機能(IP65/IP68 相当)
カラーバリエーション アイスブルー
ウォームシルバー
ブラック
外形寸法 146(W) × 72(D) × 8.1(H) mm
本体重量 161g

Xperia XZsは、その名称からも察せられる通り “Xperia XZのマイナーチェンジモデル” としての色合いが強い印象。引き続き「Snapdragon 820」を搭載している点については代わり映えしませんが、全体的なスペックについては、堅実な進化を遂げました。

ある意味では、ディスプレイの解像度がフルHD(1920×1080)にとどめられている関係上、省電力性や端末全体のパフォーマンスのバランスなどについては、むしろXperia XZ Premiumよりも高い評価を獲得することになるかもしれません。

そのほか、「DSEE HX」や「Clear Audio+」、「LDAC」など、様々な音楽コンテンツを高品質で再生するための独自技術が数多く盛り込まれている点は、両機種に共通しています。

なお、両機種には共通でMotion Eyeカメラが採用されていますが、その最大の特徴の1つに、「960fps」というスマートフォンとしては他に類を見ない “超スローモーション映像” を撮影することが可能な点が挙げられます。

さらに、「Predictive Capture」と呼ばれる新機能は、メモリ内に一時的に記録されていたデータを遡り、シャッターを押す直前に記録された4枚の画像の中から、任意で1枚の画像を選択することを可能にしました。

「Motion Eye」カメラの紹介映像

また、5軸電子手ぶれ補正(EIS)機構のほか、像面位相差AF(オートフォーカス)とコントラストAFを組み合わせた「ハイブリッドAF」や、被写体の動きを予測して追従する「先読みオートフォーカス」など、基本的な技術はXperia XZから継承されています。

なお、両機種は世界各国において、今春より順次発売される予定とのこと。日本国内での発売時期については不明ですが、米国市場においては、Xperia XZ Preimumが799ドル(約9万円)、Xperia XZsは699ドル(約7万8000円)にて発売される見通しです。

[Sony[1][2]Phone Arena[1][2][3] / GSMArena]

6 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年2月28日 21:28 No.35301 返信

    スナドラ835、RAMがついに4GBとソニーがついにやってくれた真のハイスペスマホや
    買い確定

  2. No Name 2017年2月28日 22:02 No.35307 返信

    XZ Premiumっていう名前は止めてほしかったなぁ。XA1のようにXZ1とかにしてほしかったわ。
    半年前「XPはXの派生でした。XZこそ真のハイエンドやで」
    今「XZ Premiumこそ真の真のハイエンドやで」

    • No Name 2017年3月1日 00:48 No.35324 返信

      XP→XZのときはわかるがXZ Premiumは明らかにXZの後継機なんだからXZより真のハイエンドじゃなきゃ困る

  3. No Name 2017年2月28日 22:56 No.35311 返信

    1月にXZ買ったばっかだわー まあもうそろそろ出るって言われてるの承知で買ったけど確実に待ってたほうがよかったわ笑

  4. No Name 2017年3月1日 00:19 No.35321 返信

    Z5Premiumのときと違ってHDRだから、今度こそスマホでは圧倒的高画質なディスプレイ
    実用的かどうかとかどうでもいいと思わせる訴求力

    • No Name 2017年3月1日 09:29 No.35381 返信

      一口にHDRといっても色々あるからなぁ
      しょぼい方のHDRかもしれない、むしろその可能性のが高い

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます