ソニー、最新の決算報告を発表 ―Xperiaシリーズは前年同期比250万台減の510万台を販売

ソニーは2日(現地時間)、2016会計年度第3四半期(2016年10月1日~12月31日)における決算報告を発表しました。

決算報告によると、同四半期におけるスマートフォン事業の総売上高は22億ドル(約2500億円)となり、営業利益は1億8700万ドル(約210億円)を計上したとのことです。

また同社は、同期中に510万台のXperiaシリーズを販売したことを明らかにしましたが、この数字は、2016年を通じて販売されたソニー製スマートフォン台数のほぼぴったり3分の1に相当します。

一方で、この510万台という販売台数は前年同期比で250万台のマイナスとなりますが、ソニーは今回この大幅な数字の下落について、主にヨーロッパ市場および “採算性の悪い地域” における販売数が減少したためと説明しました。

なお、同社は今月27日にプレスイベントの開催を予定しており、同イベントでは複数の新型Xperiaシリーズが発表される見通しです過去記事[1][2]

[Sony via Phone Arena]

ソーシャルシェア

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年2月6日 10:09 No.32673 返信

    Androidデバイスで一番売れてたSamsungが爆発の件で伸び悩んでも売り上げが伸びないんじゃ、この先どうすればいいのかねぇ。

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます