世界的な情報筋のエヴァン・ブラス氏は7日(現地時間)、中国ZTEの新型Android Wearスマートウォッチ「ZTE Quartz」の画像を、新たに入手したことを伝えています。

「ZTE Quartz」と見られる端末の画像

ブラス氏によると、ZTE Quartzは同社初となるAndroid Wear搭載端末となり、昨日発表されたばかりの「Android Wear 2.0」(過去記事)を実装して登場か、あるいは将来的にアップデートされる見通しとのことです。

また、Bluetooth SIGのデータベース上に登録されていた情報により、セルラー通信(3G)およびWi-Fi通信に対応する可能性が高いことが判明していますが、詳細なスペックについてはこれまでに一切の情報がリークされていません。

そのほか、既に同社は「ZTE Quartz」という名称のスマートフォンを過去に発売しているようですが、仮に今回の情報が事実だとするならば、“旧Quartz” は製品ラインナップから追い落とされることとなりそうです。

なお、発表時期については不明ですが、同社は昨年のMWC 2016において2種類のスマートリストバンドを発表しており、あるいはZTE Quartzも、今月末のMWC 2017にて発表されることになるかもしれません。

[VentureBeat via Twitter]