「Mi 6」のレンダリング画像がリーク ―デュアルカメラと独自開発SoCを搭載か

Playfuldroidは18日(現地時間)、中国Xiaomiの次世代フラッグシップスマートフォン「Mi 6」とされる端末のレンダリング画像が、新たにリークされたことを伝えています。

新たにリークされた画像を見る限りでは、Mi 6は背面部にデュアルカメラを搭載しているほか、正面部はベゼルレスデザインに仕上げられている模様です。

そして、背面部は先日発表された最新フラッグシップファブレット「Mi Note 2」と同様に、両側辺が緩やかな弧を描いており、正面下部には、指紋認証センサーを兼ねたホームボタンの姿も見受けられます。

以前リークされた「Mi 6」のレンダリング画像

また今回、Mi 6のシステム情報を捉えたとされる画像もリークされました。

端末のモデルナンバーの項目にはMi 6と明記されているほか、2.7GHzで動作するクアッドコアSoC(型番:MPSS.DI.4.0-a6e15f3)が搭載されているようですが、その型番はSnapdragonシリーズやHelioシリーズのどちらのものでもありません。

Xiaomiは先日、同社初の自社製ミッドレンジSoC「Surge S1」を発表しましたが(過去記事)、以前の情報によると、新たなフラッグシップSoCも開発中であるとのこと。

Mi 6には、「Snapdragon 835」か「Snapdragon 821」、あるいは「Helio X30」が採用される見通しですが(過去記事[1][2])、自社開発のフラッグシップSoCが搭載される可能性にも期待できそうです。

[Playfuldroid[1][2] via GSMArena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます