BB Merah Putih、「BlackBerry Aurora」を発表 ―同ブランド初デュアルSIM機能を搭載

インドネシアのスマートフォンメーカーBB Merah Putihは9日(現地時間)、BlackBerryブランドを冠する新型ミッドレンジスマートフォン「BlackBerry Aurora」を、インドネシア国内において正式に発表しました。

プレスリリースによると、今回発表されたBlackBerry Auroraは、昨年9月にBlackBerryとの間で締結されたライセンス供与に関するパートナーシップ契約の成果であり、BlackBerryブランドの端末として、世界で初めてデュアルSIM機能を実装しているとのことです。

以下は、主なスペック。

OS Android 7.0 Nougat
ディスプレイ 5.5インチ HD(1280×720)ディスプレイ
SoC Qualcomm 64-bit クアッドコア Snapdragon 425
RAM 4GB
ストレージ 32GB
メインカメラ 約1,300万画素
フロントカメラ 約800万画素
バッテリー 3,000mAh
その他 microSDカードスロット
デュアルSIM機能
外形寸法 152(W) × 76.8(D) × 8.5(H) mm
本体重量 178g

RAMおよびストレージの容量や、カメラのスペックにバッテリーの容量など、ミッドレンジモデルとしては十分と言える水準に仕上げられている印象を覚えます。

なお、既にインドネシア国内において先行予約の受付は開始されており、近日中にも349万インドネシアルピア(約3万円)にて発売される予定です。

[CrackBerry via GSMArena]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます