DIESEL / Hugo Boss / Tommy Hilfiger、「Android Wear 2.0」スマートウォッチを発表

伊DIESEL、独Hugo Bossおよび米Tommy Hilfigerは24日(現地時間)、「Android Wear 2.0」を搭載する新型スマートウォッチを発表しました。

DIESELから発表された「On」

DIESEL、Hugo BossおよびTommy Hilfigerは、日本国内でも高い知名度と人気を誇るファッションブランドとして知られていますが、各社から新たに発表されたスマートウォッチは、どれもAndroid Wear 2.0を搭載する最新世代モデルとなります。

各製品については、それぞれが「On」「Touch」「TH24/7 You」と命名されている点と販売価格を除いては、ごく限定的な情報のみが明らかにされています。

Hugo Bossの「Touch」

まず、DIESELから発表されたOnには、米クアルコムのスマートウォッチ向けSoC「Snapdragon W2100」が採用されており、325ドル(約3万6000円)にて年内に発売される予定。その他の詳細なスペックについては、一切の情報が明らかにされていません。

そして、Hugo Bossが手掛けたTouchは、IP(イオンプレーティング)被膜加工の施されたステンレス鋼製の筐体に、NFC通信用チップと心拍センサーを搭載。バンド部分は交換可能な構造となっているほか、「Android Pay」にも対応しているとのこと。

今年8月中に、395ドル(約4万4000円)で発売される予定とされています。

Tommy Hilfigerの「TH24/7 You」(下)

そして、Tommy Hifiger製のTH24/7 Youは、Onと同じくSnapdragon W2100を採用している一方で、NFCチップおよび心拍センサーの搭載は見送られました。3機種の中では最も安価なモデルであり、299ドル(約3万3000円)で年内に発売される予定。

なお今回、前述した3ブランド以外からも数多くのAndroid Wearスマートウォッチが発表されており、おそらくは上述の3機種を含め、幾つかの製品は国内市場での発売に期待できそうです。

[Twitter via Phone Arena]

2 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. 山田 2017年3月28日 11:14 No.38452 返信

    DIESELがイタリアで、Hugo Bossがドイツですよ。

    • 有福 志隆 2017年3月28日 12:11 No.38462 返信

      申し訳ありません。訂正させていただきます。
      ご指摘ありがとうございました。

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます