中国ファーウェイは17日(現地時間)、新型ミッドレンジスマートフォン「Huawei P10 lite」を発表しました。

「Huawei P10」および「Huawei P10 Plus」に次ぐ、シリーズ3機種目となるHuawei P10 liteは、フラッグシップモデルとして発表された既存の2機種とは異なり、高水準に仕上げられたミッドレンジモデルとなります。

以下は、Huawei P10 liteの主なスペック。

OS EMUI 5.1(※Android 7.0 Nougatベース)
ディスプレイ 5.2インチ フルHD(1920×1080)IPS液晶ディスプレイ
SoC HiSilicon 2.1GHz駆動 64-bit オクタコア Kirin 658 
RAM 4GB
ストレージ 32GB
メインカメラ 約1,200万画素
フロントカメラ 約800万画素
ネットワーク 2G / 3G / 4G LTE
ワイヤレス Bluetooth 4.1
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
NFC
バッテリー 3,000mAh
その他 microSDカードスロット(最大256GB)
Micro-USB 2.0ポート
デュアルSIM機能
指紋認証機能
急速充電機能
外形寸法 146.5 x 72 x 7.2 mm
本体重量 146g

外形寸法と本体重量を見れば分かるように、この新型端末は、Huawei P10の小型軽量モデルという訳ではなく、“ほぼ同じ大きさの低スペックモデル” となります。

そしてプロセッサには、8基の「Cortex A53」コアと2基の「Mali-T830」コアで構成された新型ミッドレンジSoC「Kirin 658」を採用。さらに、5.2インチのフルHD(1920×1080)ディスプレイと4GBのRAM、「Android 7.0 Nougat」を搭載するなど、充実したスペックに仕上げられました。

また、フロントカメラには、2機種の姉妹機と同様に「ポートレートモード」が実装されたとのこと。デジタル処理によって背景を大きくボケさせ、被写体を印象的に浮かび上がらせることが可能となりました。

なお、既に英国国内では先行予約の受注も開始されており、299英ポンド(約4万2000円)にて、今月31日より販売が開始される予定。先代モデルの「Huawei P9 lite」は日本市場にも投入されており、後継機種の国内発売にも期待できそうです。

[GSMArena[1][2]]