iPhone 8、「熱成形ガラス素材」の筐体を採用か ―ワイヤレス充電の実現へ

ETNewsは13日(現地時間)、「iPhone 8」には、熱成形されたガラス素材製の筐体が採用される見込みと報じています。

サムスンの「デュアルエッジスクリーン」も、熱成形によって製造されている

ETNewsによると、中国のサプライメーカーであるBiel Crystalは、既に熱成形ガラス素材製の筐体のサンプル品を米アップルに対して提供している段階にあるとのことです。

また、アップルがiPhone 8の筐体をガラス素材にすることを決定した理由の1つに、ワイヤレス充電機能の実装が挙げられています。

現在のフラッグシップモデルにおいて主流となっている金属素材製の筐体は、ワイヤレス充電の技術とあまり相性が良いとは言えません。そのため、より相性の良いガラス素材に白羽の矢が立てられた模様。

なお、iPhone 8の正面部は完全に1枚の有機ELディスプレイで覆われるとの見方が有力ですが、今回の情報が事実ならば、継ぎ目のない美しく滑らかなデザインの端末に仕上げられることとなりそうです。

[ETNews via Phone Arena]

ソーシャルシェア

2 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年3月15日 03:05 No.36724 返信

    ワイヤレス充電それはケーブルからの開放
    人と機械の間に物理的な隔たりはもう必要ない
    それはアップル作品だけに許されるエクスペリエンス
    古いPCやスマホはもう捨てよう
    アップル作品へ羽ばたこう
    未来を作るのも未来を感じるのもそうアップルだけ

    • No Name 2017年3月16日 01:38 No.36840 返信

      アップル作品ってなんやねん

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます