Galaxy S8シリーズ、バッテリー容量が判明か ―3000mAhと3500mAhに

Phone Arenaは22日(現地時間)、「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」に搭載されるバッテリーの画像が、新たにリークされたことを伝えています。

左:「Galaxy S8」用バッテリー / 右:「Galaxy S8+」用バッテリー

バッテリーに記載されている情報を見る限りでは、Galaxy S8には3000mAh、Galaxy S8+には3500mAhのバッテリーが搭載される模様。また、バッテリーの組み立ては、ベトナム国内で行われていることも判明しました。

また、それぞれのバッテリーには、「EB-BG950ABA」または「EB-BG955ABA」という型番が記載されており、Galaxy S8シリーズの型番が、それぞれ「SM-G950」または「SM-G955」となることを示唆しています。

先日リークされた「Galaxy S8+」用バッテリーパックにも、PSEマークと日本語表記を確認

なお、より注目すべきは、Galaxy S8+用のバッテリーパックの方でしょうか。Galaxy S8用バッテリーパックとは異なり、日本語による規格の表記に加え、国内の電気用品安全法から認可を受けたことを示す「PSEマーク」の姿も確認できます。

どうやら、少なくともGalaxy S8+については日本市場での発売も予定されている模様。Galaxy S8の発売にも期待したいところですが、ついぞ「Galaxy S7」が国内で発売されなかったことを踏まえるに、後継シリーズもその流れを踏襲する可能性は高そうです。

[Slashleaks via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます