ローエンド向けモバイルプラットフォーム「Qualcomm 205 Mobile Platform」発表

米クアルコムは20日(現地時間)、同社初のモバイルプラットフォーム「Qualcomm 205 Mobile Platform」を発表しました。

同社は先日、「Snapdragon」シリーズは既にプロセッサではなく、1つのプラットフォームにまで成長したことを強調する声明を発表しましたが、今回発表されたQualcomm 205は、同社として初めて世に送り出すモバイル “プラットフォーム” となります。

以下、Qualcomm 205の主なスペック。

CPU 1.1GHz駆動 64-bit デュアルコアCPU(※詳細非公開)
GPU Adreno 304
対応メモリ LPDDR2 / LPDDR
対応ストレージ eMMC 4.5
通信モデム Qualcomm Snapdragon X5 LTE(LTE Cat.4 対応)
対応カメラ 最大300万画素(メイン・フロント共通)
ネットワーク 2G / 3G / 4G LTE 
ワイヤレス Bluetooth 4.1 
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
製造プロセス 28nm LP

製品的な立ち位置としては、2014年に初めて発表された「Snapdragon 200」シリーズの最新モデルとなりますが、全体的な構成としては、通信機能関連の性能に秀でたローエンドSoCといったところでしょうか。

なお、Qualcomm 205 Mobile Platformを搭載する製品は、2017年第2四半期中に市場に登場する予定とのことです。

[PRNewswire via The Verge via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます