TSMC、「A11」プロセッサの量産を本格化へ ―今年7月までに5000万個の製造を目指す

AppleInsiderは27日(現地時間)、台湾TSMCが、近日中にも米アップルの次世代SoC「A11」の量産を開始する見通しと伝えています。

AppleInsiderによると、A11プロセッサの量産は来月中にも開始され、今年7月までには5000万個、2017年末までには1億個の生産が計画されているとのことです。

なお、A11プロセッサは、アップル製SoCとして初めて「10nm FinFET」プロセスで製造される製品となり、今秋頃に発表される予定の「iPhone 8」または「iPhone 7s」に採用される見通し。

また、「iPhone 7」シリーズに搭載されていた「A10 Fusion」プロセッサは、「Hurricane」と呼ばれる新開発のCPUコアと、6コアGPU「PowerVR GT7600 Plus」によって構成されていましたが、はたして製造プロセスが刷新されるタイミングで、CPUおよびGPUコアの刷新も図られるのでしょうか。

続報に要注目です。

[AppleInsider via Phone Arena]

ソーシャルシェア

6 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年3月28日 20:40 No.38548 返信

    だから ipad proが遅れているのか
    遅い?

  2. No Name 2017年3月30日 06:28 No.38915 返信

    GPUはFurian来るといいですね

  3. No Name 2017年3月30日 07:41 No.38931 返信

    A10Xが10nm量産が間に合わなくてiPad Pro 2が出せないんじゃないかと思ってる

  4. No Name 2017年3月30日 20:58 No.39046 返信

    SoCの生産が遅れると端末メーカーは大変だろうなぁ・・・

  5. No Name 2017年3月31日 21:28 No.39216 返信

    TSMCのプロセス調子いいな

  6. No Name 2017年4月2日 21:45 No.39525 返信

    ggsokuコメンテーターかなり減ってしまったね…

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます