「Mi 6」の化粧箱がリーク ―メインカメラは3000万画素に?

GizmoChinaは1日(現地時間)、中国Xiaomiの次世代フラッグシップスマートフォン「Mi 6」の化粧箱を捉えた画像が、新たにリークされたことを伝えています。

今回、2種類の化粧箱がリークされましたが、箱本体に貼付されていたスペック表を見比べる限りでは、黒い箱に収められた方がより上位に位置するモデルである模様です。

スペック表によると、上位モデル(仮)には「Snapdragon 835」と5.15インチディスプレイ、6GBのRAMと128GBのストレージに加え、4000mAhものバッテリーが搭載されているとのこと。

さらには、フロントカメラこそ800万画素という一般的な枠組みの中に収められているものの、メインカメラには、スマートフォンとしては他に類を見ない3000万画素という高画素センサーが採用されていることも明記されています。

一方で下位モデル(仮)の方についてですが、Snapdragon 835と5.15インチディスプレイを搭載する点までは、上位モデル(仮)と同様。しかしながら、RAMおよびストレージ容量は、それぞれ3GBと64GBに半減されているほか、バッテリー容量も3200mAhとされています。

また、フロントおよびメインカメラには、それぞれ400万画素と1200万画素のイメージセンサーが採用されている模様。

なお、「Mi 5」シリーズにはStandard Edition(標準モデル)、Prime Edition(上位モデル)およびPro Edition(最上位モデル)の3種類が用意されていたことを踏まえると、それぞれ白い箱はStandard Edition、黒い箱の方はPro Editionに相当するモデルのものであると推察されます。

Mi 6シリーズは早ければ今月中にも正式に発表される見通し。続報に要注目です。

[GizmoChina via GSMArena]

ソーシャルシェア

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年4月5日 12:30 No.39892 返信

    スナドラ835ではサポートしていない画素数なんだが…なんか別でサポートするモジュール等をつけ足り何か工夫をしてるんかな?

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます