アップル、「iPhone 8s」に3D検知機能を実装か

BGRは11日(現地時間)、iPhoneシリーズに「3D検知」機能が搭載されるのは、2018年下半期以降となる見込みと伝えています。

米Needham&Companyのアナリストのラジヴィンドラ・ギル氏が明かしたところによると、「iPhone 8」への搭載が噂されている3D検知機能は、実際には「iPhone 8s」において実装される見通しとのことです。

また今回、スマートフォンの組み立てを行う香港Truly International Holdingsのジョン・ウォンCOOも、同様の3D検知機能は、2018年下半期中にも中国企業製のスマートフォンに搭載されるとの予測を明らかにしました。

直近の情報によると、この新技術はAR(オーグメンテッドリアリティ)関連の新機能のために実装されるほか(過去記事)、顔認証を行う際にも活用される見込みとのこと。

なお、iPhone 8は発売の遅れが報じられていますが(過去記事)、ギル氏は今回、10月または11月中に出荷が開始される可能性を指摘しています。

[BGR]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます