中国ファーウェイは5日(現地時間)、最新フラッグシップファブレット「Honor 8 pro」を、欧州市場にて正式に発表しました。

新たに発表されたHonor 8 Proは、昨年7月に発表されたハイエンドスマートフォン「Honor 8」の上位モデルにあたる端末であり、そのスペックは同社の最新フラッグシップモデル「Huawei P10」シリーズにも比肩するものとなっています。

以下は、Honor 8 Proの主なスペックと特徴。

OS EMUI 5.1(※Android 7.0 Nougat)
ディスプレイ 5.7インチ WQHD(2560×1440)ディスプレイ
液晶保護 Corning Gorilla Glass 3
SoC HiSilicon 2.4GHz駆動 64-bit オクタコア Kirin 960
RAM 6GB LPDDR4
ストレージ 64GB  
メインカメラ デュアルカメラ(約1,200万画素 × 2基)
フロントカメラ 約800万画素
バッテリー 4,000mAh
その他 microSDカードスロット
USB Type-C(※USB2.0規格)
外形寸法 157(W) × 77.50(D) × 6.97(H) mm
本体重量 184g

Huawei P10シリーズと同様に背面部にはデュアルカメラを搭載。同シリーズが2000万画素センサーと1200万画素センサーという構成であったのに対して、Honor 8 Proは2基の1200万画素センサーを搭載しています。

ただし、同シリーズに実装されていたレーザー照射式のAF機構に関する記述は、公式Webサイト上の製品紹介ページには見当たりません。

そのほか、ディスプレイの解像度こそ「Huawei P10 Plus」と同じWQHD(2560×1440)となりますが、そのサイズについては5.7インチと、さらに大型なパネルが採用されました。

また、「Google Cardboard」といったVR(ヴァーチャルリアリティ)ヘッドセットに装着した際に、質の高いVR体験を実現するための最適化が施されているほか、全天周VR映像を閲覧できるアプリ「Jaunt VR」がプリインストールされているとのことです。

なお、Honor 8 Proは、既に英国、フランス、ドイツ、イタリア、スペインおよびスイスなど一部の欧州市場において、549ユーロ(約6万5000円)にて販売が開始されています。

[vMall via Phone Arena]