サムスン、今四半期において史上最高利益を計上か ―12.1兆ウォン

ZDNetは4日(現地時間)、韓国サムスンが2017年第2四半期において、同社史上最高となる営業利益を計上する見通しと報じています。

韓国IBK Investment & Securitiesの最新予測によると、サムスンのモバイル部門は2017年第2四半期中において、2013年第3四半期に打ち立てた10.1兆ウォン(約9800億円)という記録を上回る12.1兆ウォン(約1兆2000億円)もの営業利益を計上する見通しとのことです。

また、3D NANDメモリと有機ELパネルに対する衰えぬ需要もあり、通年における収益および営業利益のそれぞれで14%と69%の成長を見せる見込みとされています。

なお、10.1兆ウォンという記録は「Galaxy S4」の大成功によってもたらされたものでしたが、今回新たに発表された予測は、先日発表されたGalaxy S8シリーズが、Galaxy S4をも上回る販売記録を達成することを示唆するものでもあります。

サムスンに限らず、新製品の発売前には景気の良い話が報じられがちなものですが、“ブランドイメージの回復” と “Galaxy Note7の損失補填” という2つの重役を担わされた最新フラッグシップモデルは、どこまで成績を伸ばすことができるのでしょうか。

[ZDNet via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます