MoblieSyrupは5日(現地時間)、カナダの大手通信キャリアRogers Wirelessおよびその子会社Fidoが、「Pixel XL」の128GBモデルについて、販売の終了を決定したことを伝えています。

「Pixel XL(リアリーブルー)」

両社が明言したところによると、販売の終了が決定されたのは、128GBのストレージを搭載するPixel XLのうち、「リアリーシルバー」と「クワイトブラック」の2モデルについてとのことです。

ただし、上述の2モデルに遅れて発表された新色「リアリーブル―」については、今回の決定の対象外とされているほか、現時点においても在庫分を購入することはできますが、在庫がなくなり次第、そのまま販売が終了することとなる模様。

また、この2社だけが販売終了へと踏み切ったのか、はたまた今回の一件が、各キャリアが参加する “販売終了レース” の幕開けに過ぎないのかは不明ですが、いずれにせよPixelシリーズの製品サイクルは、そう長いものとはならなそうです。

なお、既に後継シリーズの開発コードネームとしては、「Muskie」と「Walleye」の名がリークされています(過去記事)。

[MobileSyrup via Phone Arena]