「Bixby」、2017年第4四半期中にドイツ語にも対応へ

GalaxyClubは10日(現地時間)、韓国サムスンの開発するバーチャルアシスタント「Bixby」が、2017年第4四半期中にドイツ国内でもすべての機能が利用可能になる見通しと伝えています。

現在、Bixbyは英語および韓国語のみに対応することが判明しており、さらなる対応言語の追加が待ち望まれている状況にあります。

そのような状況の中、ドイツ国内のサムスン公式Webサイト上に今回、同国内においてBixbyのすべての機能が利用可能になる時期に関する質問に寄せられました。

同社ドイツ法人が示した回答によると、2017年第4四半期中にBixbyへの対応を完了させることを予定しているとのことです。

ただし、誤った情報であったためなのか、単純に情報の解禁が早すぎたためなのかは不明ですが、既に当該ページは削除されてしまっています。

[サムスン(※削除済み) via GalaxyClub via GSMArena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます