サムスン、「Galaxy Note8」向けファームウェアの開発を開始か

SamMobileは6日(現地時間)、韓国サムスンが「Galaxy Note8」向けファームウェアの開発に着手したとする情報を、新たに入手したことを伝えています。

また、SamMobileによると、先日 “再販” が発表された(過去記事)改修版「Galaxy Note7」と、Galaxy Note8(グローバル市場向けモデル)それぞれについて、今回新たにファームウェアのビルド番号を入手したとのことです。

改修版Galaxy Note7向けファームウェア

N935LKLU2AQD2 N935LLUC2AQD2 N935LKLU2AQD2

Galaxy Note8向けファームウェア

N950FXXU0AQC6 / N950FOXM0AQC6 / N950FXXU0AQC6

今回リークされた情報を見る限りでは、どうやら前者は「SM-N935L」、後者には「SM-N950F」という型番が与えられている模様。真偽の程については不明ですが、少なくとも後者については、先日の情報との一致を見ています(過去記事)。

なお、既にGalaxy Note8が実在することが公式に明言されている一方で、具体的な登場時期については一切明らかにされていません。少なくとも、昨年の発火・爆発問題により著しく損なわれたブランドイメージを回復させるに足る完成度に仕上げられるまで、発売されることはなさそうです。

[SamMobile]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます