「Moto Z2 Play」のスペックがリーク ―薄型軽量化がさらに進む

世界的な情報筋のエヴァン・ブラス氏は5日(現地時間)、モトローラの次世代ミッドレンジスマートフォン「Moto Z2 Play」のスペックについて、新たな情報をリークしました。

以前にリークされた「Moto Z2 Play」の画像

ブラス氏によると、Moto Z2 Playは、現行モデル「Moto Z Play」より1mm薄く、20g軽い筐体に仕上げられている一方で、バッテリー容量は3510mAhから3000mAhへと削減されているとのことです。

また、ディスプレイについては、フルHD(1920×1080)の5.5インチSuper AMOLEDディスプレイを継承している一方で、「Snapdragon 625」から「Snapdragon 626」へとプロセッサが強化される模様。

先日リークされた「Moto Z2」の画像

そのほか、メインカメラは画素数こそ1200万画素へと減少するものの、総合的な画質は向上し、RAMおよびストレージ容量についても、それぞれ4GBと64GBにまで増量されているとのこと。

なお、Moto Z2 Playは、「Moto Z2」および「Moto Z2 Force」と呼ばれる姉妹機とともに(過去記事[1][2])、2017年第2四半期中に発表される見込みです。

[VentureBeat via Twitter]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます