「iPhone 8」、RAM容量は3GBとなる模様 ―台湾TrendForceが予測

台湾の市場調査会社TrendForceは2日(現地時間)、2017年のスマートフォン市場における平均RAM容量に関する最新予測を発表しました。

TrendForceの最新報告によると、2017年末のスマートフォン市場における平均RAM容量は、前年比33.4%増となる3.2GBに達する見通しとのことです。

また、今回の報告には次世代iPhoneシリーズのRAM容量に関する予測も含まれており、iPhone 8および「iPhone 7s Plus」には3GB、「iPhone 7s」には2GBのRAMが搭載される見込みとされています。

インターネット上では、iPhone 8に4GB以上のRAMが搭載されることを望む声も散見されますが、今回の情報は、その期待と真っ向から反するものとなりました。

仮に今回の情報が事実であるとするならば、4GBのRAMを搭載しない理由が「製造コストをなるべく低く抑えるため」ではなく、「そんなに多くのメモリを必要としないから」であることを祈るばかりです。

[TrendForce via GSMArena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます