国内のモバイルOSシェア、Android OSがやや優勢を維持

スペインの市場調査会社Kantar Worldpanelは10日(現地時間)、中国国内におけるAndroid OSのシェアが、87%に達したことを発表しました。

Kantar Worldpanelの最新調査結果によると、2017年第1四半期における中国国内のAndroid OSのシェアは87.2%にも達した一方で、iOSについては、わずかに12.4%を堅守するに終わったとのことです。

また、日本国内のモバイルOSシェアに関するデータも公表されています。Android OSは53.1%、iOSが45.1%をそれぞれ獲得しており、概ね “拮抗している” と言える状態にあります。

ただし、今秋以降には、シリーズ10周年記念モデルとなる「iPhone 8」の登場が予測されており、その完成度次第では、iOSは世界的にシェアを大きく拡大させることになるかもしれません。

[Kantar Worldpanel[1][2] via Phone Arena]

ソーシャルシェア

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年5月13日 11:25 No.43590 返信

    モバイルOSの世界シェアが大きく動くなんてのはいくら何でも無理でしょう。
    一時的な出荷台数シェアじゃないんだから。

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます