アップル、時価総額は米企業として初の8000億ドル超に

CNBCは8日(現地時間)、米アップルの時価総額が、米国の公開会社として世界で初めて8000億ドル(約91兆3000億円)に達したことを報じています。

最新の決算報告によると、同社の株価は153.44ドル(約1万8000円)に達し、時価総額は8000億ドルを突破したとのことです。

米国企業が時価総額を8000億ドルの大台に乗せるのは、史上初の快挙。

また今回、投資銀行の米Drexel Hamiltonのアナリストは、今秋以降の発売が予測されている「iPhone 8」の登場によって、同社の時価総額が1兆ドル(約114兆2000億円)を超す可能性を指摘しました。

世界屈指の企業として既に盤石の体制を築きつつあるアップルですが、まだまだ着実な成長路線を堅持していくこととなりそうです。

[CNBC via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます