ARM、新型CPUコア「Cortex-A75 / Cortex-A55」を発表 ―初のDynamIQ対応製品

英ARMは29日(現地時間)、2種類の新型CPUコア「Cortex-A75」および「Cortex-A55」を発表しました。

新たに発表された2種類のCPUコアのうち、Cortex-A75は、昨年発表されたフラッグシップCPUコア「Cortex-A73」の後継モデルであり、Cortex-A55については、近年のARMにおける傑作の1つである「Cortex-A53」の後を継ぐ存在となります。

Cortex-A75

ARMによると、Cortex-A75は、同じ動作周波数で動作させた場合において、Cortex-A73比で22%の性能向上と16%のメモリースループットの改善、34%のGeekbenchベンチマークのスコア向上を実現。IPC(Instructions Per Clock)についても、20%以上の改善が図られているとのことです。

また、ダイサイズはCortex-A55比で2.5倍となり、VRおよびAR、あるいは高い処理能力を求められるゲームのアプリや、各種インフラや車載システムなどへの採用が想定されています。

そして、最大2Wの消費電力で動作させることも可能であり、その場合には、さらに30%の性能向上が見込めるとされています。

Cortex-A55

Cortex-A55は、最新世代の省電力CPUコアらしく、性能と電力効率の双方において進化が見られます。プレスリリースによると、Cortex-A53比で前者は18%、後者については15%改善されており、“世界で最も高性能なミッドレンジCPU” であるとのこと。

また、専用命令セットを実行した際には、Cortex-A53比で2.5倍の電力効率を実現するとされています。

 

そして、Cortex-A75およびA55は、ともに「DynamIQ」(過去記事)に世界で初めて対応。

今年3月に発表されたDynamIQは、従来の「big.LITTLE」構造を遥かに上回る柔軟なCPU構成を可能にする技術であり、プロセッサの処理効率および電力効率を大幅に改善し得るほか、AI関連の処理能力をも劇的に向上させることが謳われています。

なお、ARMは今回、両CPUコアを搭載する製品が登場し始めるのは、2018年第1四半期頃になるとの見通しを明らかにしました。

ちょうどその時期には、「Snapdragon 845」や「Exynos 9 Series 8895」の後継製品などの登場が予測されており、早ければ今年後半にも、次世代「Kirin」シリーズに採用される形で登場することになるかもしれません。

[ARM[1][2][3] via The Verge]

ソーシャルシェア

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年5月29日 23:44 No.44854 返信

    Vita後継機・・・

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます