ARM、次世代GPUコア「Mali-G72」を発表

英ARMは29日(現地時間)、最新の高性能GPUコア「Mali-G72」を発表しました。

Mali-G72は、昨年発表された高性能GPUコア「Mali-G71」の後継製品であり、Mali-G71比で40%の性能向上と25%の電力効率改善、20%の性能密度向上を実現しているとのこと。

また、機械学習の処理性能においても17%の向上が果たしており、VR(ヴァーチャルリアリティ)や高い処理能力を求められるゲームアプリなどのみならず、機械学習の分野においても、現行製品よりも優れた性能を発揮できるようになったことが強調されています。

なお、本日同時に発表された最新CPUコア「Cortex-A75」および「Cortex-A55」と組み合わされる形で、将来発表される新型プロセッサに搭載される見通しですが、ARMによると、両CPUコアを採用する製品は、2018年第1四半期中にも登場する予定とのことです。

[ARM[1][2] via The VergeGSMArena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます