グーグル、55インチ4Kデジタルホワイトボード「Jamboard」を米国で販売開始

米グーグルは23日(現地時間)、4K(3840×2160)解像度の55インチディスプレイを採用するデジタルホワイトボード「Jamboard」が、米国市場において発売を迎えたことを発表しました。

Jamboardは、昨年10月に製品の概要とコンセプトが公開され、今年3月には正式に発表されていましたが(過去記事)、ついに今回、当初の予定通り2017年5月中に販売が開始されました。

Jamboardはオフィスなどでの使用を想定した ”巨大なAndroidタブレット” であり、特別に開発された「ホワイトボード」アプリを実装。また利用には、クラウドベースの企業向けソフトウェアスイート「G Suite」の購入が必須となります。

回転式スタンドを装着した「Jamboard」

なお、米国市場における販売価格は、4999ドル(約55万9000円)。2本のスタイラスペンのほか、ホワイトボードイレーザー(白板消し)と壁掛け用マウントが、それぞれ1個ずつ同梱されるほか、専用の回転式スタンドを1199ドル(約13万4000円)で購入できます。

グーグルによると、今夏中にも英国およびカナダ市場においても販売が開始され、それ以外の市場に対しては、順次投入が開始される予定とのこと。日本市場での発売予定については明言されていませんが、いずれ国内にも投入されることとなりそうです。

[The Keyword via GSMArena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます