Unity、ARプラットフォーム「Tango」をネイティブサポートへ

米グーグルは1日(現地時間)、同社の開発するARプラットフォーム「Tango」が、米Unity Technologiesの開発するゲームエンジン「Unity」に、ネイティブに統合されることを発表しました。

既にUnityはTangoアプリの開発にも対応していますが、新たにTangoにネイティブに対応することにより、より高性能かつ高機能なアプリの開発が容易になる見通しです。

また今回、実際にUnityへの統合が実施される時期については明言されませんでしたが、年内を予定していることが明らかにされました。

なお、Unityは、既にグーグルの展開するVRプラットフォーム「Daydream」にもネイティブ対応しており、今回発表された統合が実現すれば、Unityは今後のグーグルにとって、ますます重要な存在となりそうです。

[Road to VR via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます