グーグル、OSアップデートを容易にする新プロジェクト「Project Treble」を発表

米グーグルは12日(現地時間)、「Android OS」のアップデートを容易にするための新プロジェクト「Project Treble」を発表しました。

この新プロジェクトの技術的な骨子としては、「Android OSのフレームワークと、各Android端末に固有のソフトウェア部分とを切り離すことで、端末メーカー側がOS関連のアップデートを提供し易くする」というものとなります。

従来は、OSアップデートを実施する際には、端末メーカー側のみならず、端末に搭載されている各種チップセットなどの部品メーカー側によるソフトウェアアップデートも必要とされていました。

しかしながら、Project Trebleの実装後は、後者の対応を必要とせずに、前者のみでOSアップデートに取り組めるようになるとされています。

また、グーグルは今回、新たに「Vendor Test Suite(VTS)」と呼ばれるツールの提供を発表しました。

同社が現在、アプリ開発者向けに提供している「Compatibility Test Suite(CTS)」は、異なるハードウェア間でアプリが正常に動作するかを確認するためのツールとなりますが、VTSは、その “拡張版” とでも呼ぶべきものとなります。

端末メーカーはこのVTSを利用することにより、自社の端末上でAndroid OSが正常に動作するかどうかを容易に確認できるようになるとのことです。

なお、Project Trebleは、Android Oにて初めて実装され、「Android O」以降のOSを搭載する製品のみを対象にするとされています。

[Android Developers Blog via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます