グーグル、「Android O」パブリックベータ版をリリース ―新機能も紹介

米グーグルは17日(現地時間)、次期Android OSのパブリックベータ版となる「Android O Developer Preview 2」の提供開始を発表し、その詳細について情報を公開しました。

「Picture in Picture」機能(左)と「Notification Dots」(右)

利便性を向上させる「Picture in Picture」と「Notification Dots」

Android Oは、操作性や利便性を向上させる複数の新機能が実装。「Picture in Picture(ピクチャ・イン・ピクチャ)」機能はその1つであり、2つのアプリを1画面上で同時に利用することを可能にします。

また、「Notification Dots」は、“通知があった場合にホーム画面上にあるアプリアイコンの上に表示される小さな丸“ をタップすることで、通知内容が吹き出しで表示される新機能。

文字入力を補助する「Autofill」と「Smart Text Selection」

そして、新たに実装される「Autofill」と呼ばれる機能は、既に「Google Chrome」に実装されている自動入力機能と同じく、パスワードやIDなどを入力する手間を省いてくれます。

「Smart Text Selection」は機械学習を活用し、コピー&ペーストを効率的かつ容易に行えるように補助してくれる新機能。

選択したい語句の一部をダブルタップすることで、語句全体を選択してくれるようになるほか、選択した語句に関連するアプリが提示されるようになります。

パフォーマンス改善を目指す新プロジェクト「Vitals」

また、Android Oでは、「Vitals」という新たなプロジェクトも導入。

OSの最適化やアプリ類のバックグラウンド動作の制限などにより、バッテリーライフの延長、起動時間およびグラフィックのレンダリング時間の短縮、システム安定性の改善が図られるとのこと。

また、OSの最適化により、アプリの起動時間は最大2倍にまで高速化される模様です。

セキュリティ性能を向上させる「Google Play Protect」

「Google Play Protect」は、Google Playストアに組み込まれる形で実装されるセキュリティ機能であり、新たなアプリが開発者によってストア上に登録された時点で、そのアプリの有害性をスキャン。

有害であると判断された場合には、自動的にそのアプリを “無効化” するとされています。

また、端末自体のスキャンも実施し、有害なアプリの存在が検知された場合には、ユーザーがそのアプリを速やかにアンインストールできるようにサポートしてくれるとのことです。

新たにプログラミング言語「Kotlin」をサポート

そのほか、Android Oでは、「Java」と完全な互換性を有するプログラミング言語「Kotlin」が、アプリ開発用プログラミング言語の1つに選定されました。

Kotlinは、Javaには実装されていない機能も含まれており、アプリ開発者にとっては選択肢が広がることになります。

 

なお、Android Oの正式版がリリースされる時期については明らかにされませんでしたが、発表と同時に次世代「Pixel 2」シリーズに初めて実装される形で、今秋頃に登場する見込みです。

[追記 2017年5月18日 16時47分]

Android Oは “夏の終わり” までに正式版がリリースされる見通しです。

[Android Developers Blog via Phone Arena / XDA-Developers]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます