グーグル、日本語版「Google Assistant」の提供を開始 ―Android 6.0以降のOS搭載が必須

米グーグルは29日(日本時間)、同社の開発するバーチャルアシスタント「Google Assistant」が、新たに日本語への対応を完全に果たしたことを発表しました。

既に、同社の提供するメッセージングサービス「Google Allo」においてのみ、Google Assistantは日本語への対応を果たしていましたが、ついに今回、独立した機能としてのGoogle Assistantについても、日本語に対応。

国内においても、メールの作成や送信、カレンダーアプリへの予定入力、Googleフォト内に保存された画像の抽出から、目的地までの経路検索など、多彩な操作を音声入力で実行できるようになりました。

なお、グーグルによると、日本語版Google Assistantは、まず ”「Android 6.0 Marshmallow」および「Android 7.0 Nougat」を搭載し、かつGoogle Playストアを搭載するすべてのスマートフォン” に対して、数週間以内にも提供が開始される予定とのことです。

[Google via AV Watch / Google Assistant]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます