HTC NIPPON株式会社は25日(日本時間)、世界初の「6DoF(Six Degrees of Freedom)」対応モバイルVRヘッドセット「LINK」を発表しました。

プレスリリースによると、LINKはモバイル向けVRヘッドセットとして世界で初めて6DoFに対応した点を大きな特徴としており、付属する専用の「6DoFコントローラー」を使用することで、VR空間内を自由に動き回ることが可能になるとのことです。

「Gear VR」や「Daydream View」などの他社製モバイルVRヘッドセットと同様に、スマートフォンの装着を前提にした製品となりますが、ヘッドセット本体に1対の3.6インチ(1200×1080)AMOLEDディスプレイと、2800mAhのバッテリーが搭載されている点も、LINKの特徴の1つに。

また、同社のPC向けVRヘッドセット「HTC Vive」で培われてきたVRコンテンツが、順次LINKに対しても提供が開始される予定です。

なお、現時点では、「HTC U11」が唯一のLINK対応機種となります。2017年7月下旬以降に通信キャリアを通じて発売される予定とのことですが、発売日および販売価格については明らかにされていません。今後の発表に要注目です。

[HTC NIPPON株式会社 / ソフトバンク株式会社]