KDDI、「SMS」の送信文字制限を緩和 ―全角670文字まで一度に送信可能に

KDDIおよび沖縄セルラー株式会社は26日(日本時間)、SMS(Cメール)で一度に送信可能な文字数の限界を、同日より現在の全角70文字(半角のみ160文字)から、全角670文字(半角のみ1530文字)にまで拡大することを発表しました。

SMSによる長文の送信サービスの対象となるのは、「2017年5月以降に発売された4G LTE対応のAndroidスマートフォン」のみ。

一方で、長文の受信については、「4G LTE対応のAndroidスマートフォン」または「iPhone 4SとiPhone 5S以降のiOSスマートフォン」、および「4G LTEケータイ」が対応しているものの、機種によっては1件の長文が何件かに分割されて受信される場合もあるとされています。

また、送信料については、文字数に応じて料金が追加で課せられる仕組みとなる一方で、受信については従来通り無料になるとのこと。

なお、この新サービスは、au系のMVNOであるUQ mobileやIIJmioにおいても、同日より利用可能になっています。

[KDDI via ケータイWatch]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます