次世代iPhone SE、背面パネルは「Ion-Xガラス」製に?

GizmoChinaは10日(現地時間)、次世代「iPhone SE」に採用される背面パネルとされる部品の画像が、新たにリークされたことを伝えています。

新たにリークされた情報によると、次世代iPhone SEの背面パネルは、「Apple Watch Sport」にも採用されている強化ガラス素材「Ion-Xガラス」製になるとのことです。

真偽のほどは定かではありませんが、つい先日には、「iPhone 8」および「iPhone 7s」シリーズも、背面パネルはガラス素材製になる見込みと報じられています(過去記事)。

iPhone 8とiPhone 7sシリーズに足並みを揃える形で、新型iPhone SEにも、ガラス素材製の背面パネルが採用されることになるのでしょうか。

一方で、リーク精度に高い定評を得る情報筋のスティーブ・ヘミストーファー氏は、今回リークされた画像は、中国QiKU製スマートフォンの背面パネルの画像を加工したものである可能性を指摘しており、続報には要注目です。

[GizmoChina via GSMArena / Twitter]

ソーシャルシェア

2 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年5月12日 18:36 No.43513 返信

    本物かぁ?とは思うが、本物だったら嬉しいな。
    ちゃんと4インチiPhoneには需要があるし、そろそろiPhone5sの筐体も陳腐化してきたし。
    256GBモデルが出たら、こっちを買おうかな?

  2. No Name 2017年5月13日 17:45 No.43616 返信

    とりあえず次のSEがあるという事実が嬉しい
    まあホントならの話だけど

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます