「LG V30」、自社製の有機ELディスプレイを搭載か

The Investorは16日(現地時間)、韓国LGの次世代フラッグシップファブレット「LG V30」には、同社製の有機ELディスプレイが搭載される見込みと報じています。

消息筋がThe Investorに明かしたところによると、「LG V30」は有機ELディスプレイ搭載機として今年9月に発表され、来春頃の発表が期待される「LG G7」にも、同じく有機ELディスプレイが採用される見通しとのことです。

また同社は、スマートフォン向け有機ELディスプレイの量産を今年7月より開始し、その大半をLG V30に使用する一方で、一部については中国企業に供給する見込みとされています。

そのほか、同社は現在、有機ELディスプレイの生産において解決すべき課題を幾つも抱えている模様。iPhoneシリーズに、LG製の有機ELディスプレイが採用されるのは、早くとも2019年以降になる見込みとのこと。

なお、今秋中の発表が予測される「Pixel 2」シリーズにも、同社製の有機ELディスプレイが搭載される可能性についても報じられていますが(過去記事)、はたしてLGの生産ラインにそれだけの “余力” が残されているのでしょうか。

[The Investor via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます