マイクロソフト、新型「Surface Pro」を発表 ―堅実な正統進化を果たす

米マイクロソフトは23日(現地時間)、新型2-in-1タブレットPC「Surface Pro」を発表しました。

新たに発表された新型Surface Proは、「Surface Pro 4」の後継機種となりますが、事前に予測されていた通り名称は「Surface Pro 5」ではなく、Surface Proとなりました。

この新型Surface Proは、外観こそSurface Pro 4とほぼ同一となりますが、新たに開発された800個もの部品を採用するなど、目には見えない部分を中心に大きく刷新。とりわけ新開発されたヒンジは、最大165度まで本体を傾斜させることを可能にしています。

マイクロソフトによると、新たに米インテルの第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」シリーズを採用したことで、パフォーマンスはSurface Pro 4比で最大50%向上したとのこと。また、バッテリーライフについても、最大9時間から最大13.5時間へと50%の改善を果たしました。

また、新たに冷却機構が再設計されたことにより、「Core m3」および「Core i5」搭載モデルは完全にファンレス化。「Core i7」搭載モデルについてもさらなる静音化が図られたほか、一部モデルは軽量化されてもいます。

以下は、主なスペック。

OS Windows 10 Pro
ディスプレイ 12.3インチ 3:2(2736×1824)PixelSenseディスプレイ
CPU Intel 第7世代(Kaby Lake)Core m3 / i5 / i7シリーズ

GPU
Intel HD Graphic 615(※Core m3搭載モデル)
Intel HD Graphic 620(※Core i5搭載モデル)
Intel Iris Plus Graphics 640(※Core i7搭載モデル)
RAM 4 / 8 / 16GB
ストレージ 128 / 256 / 512 / 1,024 GB SSD
メインカメラ 約800万画素
フロントカメラ 約500万画素
ネットワーク 4G LTE(※LTEモデルのみ)
ワイヤレス Bluetooth 4.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー 最大13.5時間
その他 microSDカードスロット
Windows Hello
外形寸法 292.10(W) × 201.42(D) x 8.5(H) mm
本体重量 766g(※Core m3搭載モデル)
786g(※Core i5 / i7搭載モデル)

そして、Surface Proシリーズとして初めて、セルラー通信機能を実装。「LTE-Advanced」対応の通信モデム搭載モデルは、今秋頃に発売される予定です。

そのほか、4,096段階の筆圧検知を可能にした新型「Surface Pen」や、「Signature Type Covers」と呼ばれる新型タイプカバーも同時に発表されました。

なお、新型Surface Proは、来月15日より世界26カ国で発売される予定。販売価格は、最下位モデルが799ドル(約8万9000円)、最上位モデルは2699ドル(約30万2000円)とされています。

残念ながら現時点では、日本市場での発売予定については明らかにされていませんが、おそらくはそう遠くない将来に、国内発売が発表されることとなりそうです。

[Neowin / Microsoft]

ソーシャルシェア

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2017年5月24日 08:56 No.44494 返信

    全く死角のない完成度になってるなPro4でも十分と思ってるけどバッテリーとi5のファンレスは欲しいなあ
    Yじゃないのに発熱抑えきるって凄いな

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます